読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iroiroarukedoのブログ

色々あるけど・・・。面白くなかったら、ごめんなさい。

EBMについて その6

シュレディンガーの猫」ってご存知ですか?量子力学の確率解釈をするための一つの思考ツールです。

超ミクロの世界では粒子の居場所を確定することができず、一つの粒子が同時に複数の場所に存在します。変だけど、A地点とB地点に50%ずつ存在してるということです。だけど、観察する時点ではAかBのどちらかなのです。

これはキャバクラの指名を考えていただくと、理解がしやすいのではないでしょうか。

指名した女の子が席を立ったと思ったら、なぜか別の席に座っている。

戻ってきてから指摘すると、「違うよ!私も本当はずっとこの席で一緒にいたい。だけど、呼ばれたから仕方なく行ってきただけ」

で、どちらのテーブルの伝票にも指名料は100%ついています。

まあそれはともかく、粒子がAテーブルにいるかBテーブルにいるか、観察の時点では必ずどちらかのテーブルにいるけど、それまではどちらにも50%ずつ居るとしかいいようがない。

猫のいる部屋に粒子を放り込んでドアを閉める。Aテーブルに粒子が座ったら(毒ガスのスイッチが入って)猫は死ぬ。Bテーブルに座ったら大丈夫。

ドアを開けて観察する時点で、粒子はどちらかに一方に座っている。

でも、ドアが開くまではAテーブルとBテーブルの両方に、同時に50%ずつ粒子は「現に」存在している。

超ミクロの世界の粒子はそれでいいけど、猫はどうなる?

生きている確率は50 %、死んでいる確率も50 %。この猫は、生きている状態と死んでいる状態が半々で重なりあっていると解釈しなければならない。そんなバカな・・・・。

もちろん、直接の関係はありませんが、EBMのことを考えると、いつもこの話を思い出すのです。

人間の思考でしかない数学が自然界をこれほどまで記述できてきたことは驚きですが、一方で、確率と決定論について人間が理解が真の理解に至ることなどあるのだろうか。ハイゼンベルク不確定性原理ゲーデル不完全性定理など科学の限界、人間理性の限界が明らかとなった今・・・・

とか、大げさな話は実はどうでもよくて、そもそも統計、それも生命科学の統計というものが、ちょっと胡散臭いのですよ。

f:id:iroiroarukedo:20170112234915p:plain