読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iroiroarukedoのブログ

色々あるけど・・・。面白くなかったら、ごめんなさい。

医療と経済 その5

医療

今まで勝手放題に生きてきた爺さんが、どんな目に遭おうが知ったことではない。

でも、いたいけな子どもが辛い思いをしていると聞いたら、「誰かなんとかしてやれよ!」と思う。

そして、セクシーな女の子が悲しい瞳をしていたら、「僕が力になれることはないかな?」。

そういう訳で、健康保険制度と医療技術の進歩は、最悪の組み合わせとなります。いずれも、賞賛されるべき叡智の結実だと考えられていますが、社会の未来へ大きな暗い影を落としているのです。

さて、もうそろそろ、皆さまお怒りのことかと存じます。「誰もわかっていないと人を罵倒し、人類社会の叡智に呪いの言葉を吐き続ける。一体、お前は何様のつもりだ。文句を言うだけなら、誰でもできる。お前に具体案があってのことか!?」

で、私の案を申し上げる前に、これまで一般的に言われている解決法にざっと目を通しておきますね。

一つは、費用対効果の分析。

これは、限られた資源を効率よく分配するには絶対に必要なことで、医療経済学のもっとも大きな分野です。でも、本質的な解決案ではありません。医療にはムダがたくさんあって、それを効率化したらお金が十分に浮いてくる。というのは幻想です。行政のムダ省いたら、増税しなくても福祉予算が出せるはず、というくらいに脳天気な主張です。

もう一つは、コストダウン技術へのインセンティブ。

20年ほど前の産婦人科手術学会では、「市販の手術器具だと高いので台所用品で代用した」などという有意義な発表があったりしましが、医療安全がうるさく言われる現在ではありえません。コストがかかっても、より安全なもの、となります。ただ、それでもうまくインセンティブをつければ、低コスト化に向けて技術開発を促すことはでると思います。しかし、仮にそれがうまくできたとしても、やはり根本的な解決案ではありません。ジェネリックを使っても、一方でオプジーボの開発は続くからです。

あと一つは、混合診療の解禁。

保険で出せるのはここまでだから、あとは自費でよろしく。カツカレーを食べたかったら、カレーライスは保険でいいけど、トッピングのカツは自分で払ってね、というのが混合診療です。もちろん、今でも自費診療はOKなのですが、一部だけを自費でということができません。カツカレーが食べたかったら、全部を自分で払わないといけない。これは、ある種のペナルティのような感じで「自費で自分だけいい目をしたいなら、全部、自費でやれよ」ってことです。
でも、実は歯科では混合診療はよくあります。虫歯の治療をセラミックでしたかったら、その材料部分だけが自費ですね。でも、例外的に認められている制度で、基本的には混合診療は禁止。
そして、医師会も混合診療に絶対反対。医師会が反対しているのは経済的な理由だと思われがちですが、話を聞いていると、根本的には命の平等のイデオロギーが根強いのです。事実、医師会のHPをにも、はっきりとそう書かれています。

で、そろそろ私の考えを言いますね。(次へ続く)

f:id:iroiroarukedo:20170106003456p:plain