iroiroarukedoのブログ

色々あるけど・・・。面白くなかったら、ごめんなさい。

医療とフェティシズム その4

(その4)

不妊治療をしている婦人科のクリニックでは、ご主人に精子をとってもらう採精室という部屋があります。今は男子事務職員がしてくれますが、最近まで採精室のDVDを買いに行くのは私の仕事でした。店に行って色々なジャンルのDVDのパッケージを眺めていると、全身に金粉を塗った熟女とか、ヒロイン物コスプレのニューハーフとか、フェティシズムの奥の深さに驚嘆します。

昔、どこかで、「くすぐりプレイ」で有名なレーベルの監督のインタビューを読んだことがあります。いつも服を着たままの女の子をくすぐるのですが、ある時、ファンにサービスしようと女の子を裸にしてくすぐったら、全国から抗議の手紙が殺到した。
「僕たちは、そんなものを見たいんじゃない」
監督は慌てて、もとの着衣スタイルに戻したそうです。

また、例えば全身タイツと全身ストッキング。門外漢には同じようなものに思えても、マニアにとっては決定的な違いです。ガンダムマジンガーZも私には区別がつきませんが、アニメの展示会でそんな事をいえばブーイングの嵐となる。そんな感じでしょう。

ファンタジーにはわずなか差異も重要で、少しでもズレが生じると、せっかく作り上げた物語が雲散霧消してしまいます。

さて、採精室のDVD。あまりに反社会的な内容は避けますが、それ以外には、できるだけ幅広いジャンルのものを揃えるようにしています。でも、医療ものだけは置いていません。

「神聖な医療をそんな目でみるなんて」などという高邁かつ偏狭な考えからではありません。実際に患者として医療機関にいる時には、医療プレイのパッケージを見ただけで萎えてしまうだろう、と思うからです。

私自身もそうですが、おそらく大抵の医者にとって医療もののAVだけは、考えるだけでゲンナリしてしまうと思います。それは、ファンタジーがファンタジーでなくなってしまうからなのでしょう。(でも、隣接分野の整骨院ものとかは、また別の話です。)

f:id:iroiroarukedo:20161231004657p:plain